株式会社市金工業社 株式会社市金工業社

About SDGs

SDGsについて

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、「誰一人取り残さない(No one will be left behind)」を基本理念とした、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標です。

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されたもので、17のゴール・169のターゲットから構成されています。

SDGsについて
Declaration

SDGs宣言

SDGs宣言

株式会社市金工業社は、「最良の会社たること」を社是とし、高分子化学技術分野で産業界の発展の一翼を担おうと日々努力しております。
当社が装置を提供している業界は多岐に渡るため、私たち自身の技術の発展は、ひいては人間や地球の豊かさ・平和に貢献することであり、持続可能な社会の実現に近づくと考えています。
国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)を私たちの企業行動につなげ、滋賀県草津市から世界の社会的課題解決と経済成長の両立をはかり、これからも持続可能な社会の実現に努めてまいります。

Action

SDGsアクション

環境配慮型新工場の建設

栗東工場の隣接地に環境配慮型の新工場を建設中です。(2023年春完成予定)
この新工場は、太陽光発電を採用して工場内の冷暖房や照明に活用したり、雨水を工業用水として再利用するなど、持続可能な工場を想定しています。
また、隣接する栗東工場やグループ会社の敷地面積約9000平方メートルを含む全エリアを、複数年かけて整備する計画を立てています。

環境に貢献する製品づくり

下水処理膜・海水濾過膜の製造装置、クリーンエネルギーであるリチウムイオン電池のフィルム製造装置、温暖化対策に重要な役割を果たしている排ガス捕集・CO2分離膜製造装置などの製品づくりで、環境に貢献しています。

医療に貢献する製品づくり

マスクや衛生材料、人工透析用膜の製造装置等、医療に関わる製品づくりで、健康と福祉に貢献しています。

従業員の健康診断、予防接種、感染症対策の実施

従業員の定期健康診断、予防接種の推奨、また昨今の感染症対策を実施し、働く人の健康を守っています。

自然環境に対する保全活動の実施

琵琶湖博物館びわ博サポーター、全国植樹祭への協賛ほか、滋賀グリーン活動ネットワークに参加し、琵琶湖を含めた地域環境の保全に取り組んでいます。

地域子供見学会の実施

次世代を担う子どもたちに、物づくりへの興味・関心を深めて欲しいとの思いから、近隣の子供たちを招待する工場見学会を実施しています。

滋賀レイクスターズ 2021-22シーズン 草津・栗東子ども招待特別協賛パートナー

プロバスケットボールチーム「滋賀レイクスターズ」のホームゲームに、草津市と栗東市在住の小中学生を無料招待する取り組みに、協賛パートナーとして市金工業社は参加しています。子どもたちに試合会場へ足を運んでもらい、地域の枠を超えた交流を深め、また、プロスポーツ選手の迫力あふれるプレーを間近で体感する機会を提供することにより、青少年の健全育成に貢献するという思いに賛同いたしました。